■歯のしくみと健康について



   歯は、体の中でも、自分で常に状態をチェックしケアの
   できる身近な部位ですが、それでいてつい軽視されがちで
   トラブルも起きやすい器官です。人間が生きていく上で
   欠かせない、食べるという行動の際に必ず使う歯は発話
   や発音の際にも重要な影響を与えますし、力仕事の時にも
   実は歯をくいしばることが不可欠であるなど、日々の生活
   にこの上なく密接に関係しています。

   歯が生え始める赤ちゃんのころから、成長につれて乳歯
   から永久歯に生え換わり、大人になり年を取ってもずっと、
   歯のケアは一生涯必要な作業です。昔のCMで「歯は命」と
   いう言葉がありましたが、元気に食べて活動する健康的な
   生活のためには、それを支える歯はまさに命ともいうべき
   大切な存在なのです。

   歯のしくみについて簡単にでも理解しておくことは歯の
   健康のために重要です。歯は、エナメル質という固い組織と、
   その下のやや柔らかい象牙質という組織でできています。
   歯磨き不足などにより歯垢(プラーク)が残ると、エナメル質
   が溶かされて虫歯になりそれが進行して象牙質にまで至ると
   痛みを伴うようになります。

   歯の根元は、歯根膜という噛み合わせのクッションの役割
   を果たす膜に覆われていて、この部分に炎症が起こるのが
   歯周病の初期状態にあたります。これらの歯の組織は歯槽骨
   と呼ばれる土台に固定されていますが、歯周病にかかり進行
   すると、歯槽骨が溶け始め歯がグラグラになってしまいます。

   歯の不調は万病の元と言われ、食べたいものが食べられない
   だけでなく、痛みや口臭などの不快な症状を引き起こしたり、
   悪化すると内臓にも影響を与える場合もあります。空気の
   ように身近な存在である歯ですが、空気のように不可欠な
   大切な器官であることを、常に忘れてはなりません。

   当サイトは歯周病の基礎知識について詳しく解説しています。
   お悩みの方は是非ご参考下さい。
   

■本サイト人気コンテンツ

  ◆ どんな種類がある?
  ◆ 治療方法について
  ◆ プラークコントロール
  ◆ その他の予防方法
  ◆ 歯周病と病気
  ◆ 対策の最新事情

■歯周病関連最新ニュース